人気ブログランキング |

よくばりヨーヨー(3)

おもちゃばこの おくのほう

わすれられた おもちゃたち

まいにちまいにち ないていた

だいじにしてよと ないていた

ぜんぶをみていたかみさまは

おこって おこって たいへんだ

ゴロゴロピカッと おこったよ

かみさまいかりのいかづちが

なんてことでしょ ヨーヨーの

よくばりヨーヨーのめのまえに

ゴロゴロピカッておちてきた

あまりにまぶしいいかづちで

ヨーヨーのめはくらんだよ

まぶしすぎてね おめめがね

なにもみえなくなったとさ
by sasakobo_b | 2007-12-06 14:43 | 物語

よくばりヨーヨー(2)

とおい とおい そらのうえ

そのまたとおい そらのうえ

かみさま いっつもみていたよ

おねだりばかりのヨーヨーを

よくばりだけなら

かわいいものだ。。。

けれども どうも いただけない

ヨーヨーったら よくばりで

そのうえ だいじにしないのだ

あれをかってと たのんでは

かってもらってよろこんで

すぐにどこかになくしちゃう

こまった ヨーヨー

よくばり ヨーヨー
by sasakobo_b | 2007-12-05 09:17 | 物語

よくばりヨーヨーはおんなのこ

ちっちゃなちっちゃなおんなのこ

ヨーヨーはなんでもほしくなる

だからあだなはよくばりヨーヨー

ちちとははにもよばれてる

よくばりなこだよ

よくばりヨーヨー

くるひもくるひもあれほしい

これもかってとねだってる

だからみんなによばれてる

ほらほらあのこよ

よくばりヨーヨー

みるものみるものほしいから

とうさんかあさんあれかって

これもかってとねだってる

こまったこだね

よくばりヨーヨー
by sasakobo_b | 2007-12-04 14:17 | 物語

ゆきこがお月様に迎えられて
1年が過ぎ
2年が過ぎ。。。

思い出の庭の周りにも人がふえ
灯りがふえて




もう、どれくらい時がたったのかも
忘れてしまった頃


あの、ゆきことおばあさんの思い出のお庭は
無くなってしまっておりました。

でも、でもね
ただ一つ、あの時から変わっていない事がありました。

それはね

ゆきこにつられて、たくさん泣いて。。。
ゆきこを亡くして、しこたま泣いて。。。

うさぎさん達が
あの時、真っ赤にしてしまったおめめ。
あのおめめだけは、今も真っ赤に染まったままなのです。


うさぎさん達は、今でも大切なゆきこを思って
おめめを真っ赤に染めて
泣いているのかしら。。。



もし、あなたのおうちに
おめめの真っ赤な
やさしい、やさしい うさぎさんが居たら

こう、語りかけてあげてね。

「さみしくないよ」って

そうして、みんなが
うさぎさんを、やさしくなでてあげてね。。。






うさぎのおめめはなぜあかい
。。。おしまい。。。

More  おわりに。。。
by sasakobo_b | 2007-12-02 12:54 | 物語

「ゆきこよ。。。ゆきこ。。。」

お月様は語りかけました。

「みんなが、ゆきこの為に泣いていたよ。
ゆきこちゃん、ゆきこちゃん、泣かないでって泣いていたよ。
ゆきこがたくさん泣いておめめが真っ赤に染まったのと同じく
うさぎさん達もゆきこが泣き止まなくって、かなしくて
死んでしまって、寂しくて
たくさん、たくさん泣いておめめが真っ赤に染まっちゃったよ。」

お月様は続けて、ゆきこにこう言いました。

「ほうら、下を見てごらん
あの、お花畑のあるおうちが
お前がおばあちゃんと暮らした家だよ。

私と一緒に、ここに居るといいよ。。。
うん。
月の中で暮らすといい。
そしたら、おばあちゃんとの思い出の場所を
ずっと、眺めてられるだろぅ。
ずっと
ずっと、ここにおいで
やさしい光でお庭を見てな。。。」




こうして、ゆきこは
やさしいお月様に迎えられて
お月様の中から、
ずっと
そっと
あの思い出の庭を、見守る事が出来たのでした。
by sasakobo_b | 2007-12-02 01:33 | 物語

。。。。。おばあさんとゆきこと
お山の動物達と、うさぎさんたちと。。。。
皆の様子を
遠くのお空の、そのまた向こう
手の届かない程、遠く遠くで
そっと見守っていたお月様がおりました。

「なんて。。。
なんてかわいそうなうさぎ達なのでしょう。。。
あんなにおめめをまっかに染めたまま。。。」


可愛そうに思ったお月様は
死んでしまったゆきこを
お月様の所へ連れて来てあげたのでした。
by sasakobo_b | 2007-12-01 13:03 | 物語

ゆきこを見守り続けたうさぎさんたちも
とっても
とっても
かなしくなって
ポロポロポロロン
さみしくなってポロポロポロロン
涙を1つぶポロポロポロロン
涙を2つぶポロポロポロロン

涙を流しながら目を真っ赤に染めて
泣きはじめてしまったのです。


ゆきこよ
ゆきこ
かわいい ゆきこ
どうして死んでしまうんだ
さみしくなんかないだろぅ
かなしくなんかないだろうぅ
こんなになかまがそばにいて
どうして
どうして
どうして。。。。


うさぎさんたちは口々にそう呟きながら
たくさんの涙を流したのです。
何日も
何日も
ポロポロポロロン
朝も
夜も無く
ポロポロポロロン

とうとう
うさぎさんたちの目も
まっかっかに染まってしまったのでした。
by sasakobo_b | 2007-12-01 12:46 | 物語